PANASONIC
TH-37PX600(VIERA)
¥OPEN(予想実売価格360,000円前後)
発売:2006年4月15日

VIERA Linkに対応した37V型プラズマテレビ

【SPEC】
●画面サイズ:37V型 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル各2、地上アナログ2 ●画面解像度:1,024×720 ●コントラスト比:4,000対1 ●入力端子:HDMI2、i.Link2、D4端子2、Sビデオ3、ビデオ4、アナログ音声(RCA)6、D-Sub15ピン1、ステレオミニ音声1、アンテナ端子 ●出力端子:モニター1、S2モニター1、アナログ音声1、光デジタル音声1 ●その他端子:Irシステム端子、ヘッドホン/イヤホン1、ファミリーイヤホン1、モジュラー1、LAN1 ●消費電力:285W ●外形寸法:977W×629H×95Dmm ●質量:29.0kg

月間AVレビュー

※原則として製品発表時のデータを掲載していますので、内容・価格は変更されている場合があります。また、この製品データベースには生産・販売を休止したモデルの情報も含まれています。
※製品データベースの価格表示は、価格の後に(税込)と表記のあるものに関しては総額表示、それ以外は本体価格表示となります。2004年4月1日以降に登録・更新する製品に関しては、すべて総額表示に改めます。

受賞理由
パネルとそれを駆動するドライバー回路、そして信号処理回路のLSIまでを自社内で生産できるパナソニックの強みが十分に発揮されたPDPである。先ず、輝度を20%アップした1366×768画素のハイビジョン対応パネル、予備放電を低減させたドライバーで、明暗のレンジを明るい方向にも、暗い方向にも拡大し、明所でも、暗所でも、十分なコントラスト感が得られるようになった。映像は鮮やかさと深みが両立し、漆黒の度合が増し、黒近くのグレーゾーンの階調も好ましく、肌色は自然だ。独自のVIERAリンクの採用で、レコーダー、アンプなどとの連携動作をシンプル化した機能は、テレビの世界に新しいコンポーネントの可能性を生み出した。(貝山知弘)
関連記事
関連URL
For any comments and questions, please E-mail to Phile-web staff
(C)Ongen Publising Co.,ltd. Phile-web上のあらゆるコンテンツの無断複製・転載を禁じます。
著作権についてはこちら Phile-webのプライバシーポリシーについてはこちら