PDP-5010HDPIONEER
PDP-5010HD (KURO)
¥720,000(税込)
発売:2007年10月上旬

新開発パネルを搭載し「黒」の表現を追求したフルHDプラズマテレビ

ビジュアルグランプリ2008 ≪特別金賞≫受賞モデル
ビジュアルグランプリ2008 ≪ホームシアター大賞≫受賞モデル
ビジュアルグランプリ2008 ≪プラズマテレビ(50V型以上/フルHDタイプ)部門≫受賞モデル

【SPEC】●画面サイズ:50V型 ●画素数:1920×1080 ●内蔵チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、110度CSデジタル×2、VHF/UHF、CATV (C13ch〜C38ch) ●入力端子:D4×3、S2×3、映像×3、HDMI×3、RGB映像×1、音声×5 ●出力端子:S2×1、映像×1、音声×1、ヘッドホン×1、デジタル音声(光)×1 ●その他端子:ビデオコントローラー×1、i.Link×2、LAN×1、電話回線×1、コントロール×1、USB×1 ●消費電力:441W ●外形寸法:1,444W×722H×120Dmm(スピーカー取り付け時) ●質量:42.4kg(スピーカー取り付け時)

月間AVレビュー

※原則として製品発表時のデータを掲載していますので、内容・価格は変更されている場合があります。また、この製品データベースには生産・販売を休止したモデルの情報も含まれています。

テストレポート
PDP-5010HD/6010HDは、パイオニアがパネルのレベルから基本的なリファインを行って完成させた自信作「KURO」シリーズの主力モデルである。ストレートな命名の背景には、黒の並外れた再現力を「KURO(=黒)」という日本語で強くアピールし、世界規模で浸透を図ろうという戦略がうかがえる。

どれほど黒の再現性が向上したのか。それは理解するためには実機を直接確認することが不可欠である。20,000対1という数字からもある程度は想像できると思うが、実際に経験したときの衝撃はそれを上回るものがあるはずだ。黒の力強さとその結果として現れる色純度の高さは明るい環境でも判断できるが、できるだけ周囲を暗くした環境では、さらなる驚きが待っている。なにしろ信号レベルが一番低い部分はブラック仕上げのフレームとほとんど区別がつかないのだから、既存モデルと比べたときの差は圧倒的といってよい。

この漆黒表現を実現した技術としては、セル内に新たに設けた電子発生源の存在が大きく貢献している。電子発生源の力を借りて放電速度を向上させることで、黒浮きの要因になっていた予備放電を大幅に抑えることができるのだという。すでに現行モデルでさえ黒の沈み込みに大きな不満を抱くことはないとはいえ、新パネルの黒を一度体験してしまうと、黒表現の重要性を強く実感することになる。 

色純度の高さとフォーカスの良さが従来機に増して向上しているのは、黒の深みとともに、フルハイビジョンパネルならではの精緻なコントラスト感と、反射を抑えるダイレクトカラーフィルターの威力が大きい。フルHDパネルといえば同社の基準機であるPDP-5000EXが思い浮かぶが、少なくとも黒の深みについては、 PDP-5010HDの方が圧倒的に勝っている。細部の表現力についてはほぼ互角、S/N感についてはPDP-5000EXに一日の長が感じられるが、 KUROシリーズは発売までまだ2ヶ月近い猶予があるから、あるいはレファレンス機に迫る表現をそれまでに身に付けてくるかもしれない。新シリーズのポテンシャルはそれほど高いのである。

BDP-LX70からHDMIを介して送り出した1080/24p信号は、もちろん本機でも表示可能である。Dot by Dotモードで「映画」を選ぶと、なめらかさと緻密さを両立させた、深みのある映像が現れた。『フェイク』、『ブラザーズ・グリム』など、見慣れた作品から新鮮な驚きを引き出し、別格というべき立体表現を見せ付ける。(文/山之内 正)
関連記事
関連URL

For any comments and questions, please E-mail to Phile-web staff
(C)Ongen Publising Co.,ltd. Phile-web上のあらゆるコンテンツの無断複製・転載を禁じます。
著作権についてはこちら  Phile-webのプライバシーポリシーについてはこちら