LT-32LC305VICTOR
LT-32LC305 (EXE)
¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)
発売:2008年2月下旬

地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログチューナーを搭載した32V型液晶テレビ

【SPEC】●画面サイズ:32V型 ●表示画素数:1,366×768ドット ●受信チャンネル:地上アナログ、地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタル ●入出力端子:HDMI×3、D4入力×1、コンポーネント入力×1、ビデオ入力×3、光デジタル音声出力×1 ほか ●消費電力:149W ●外形寸法:800W×592H×245Dmm(スタンド含む) ●質量:14.6kg(スタンド含む)

月間AVレビュー

※原則として製品発表時のデータを掲載していますので、内容・価格は変更されている場合があります。また、この製品データベースには生産・販売を休止したモデルの情報も含まれています。

テストレポート
上位機の優れた画質と機能を継承したハイビジョン対応モデル

液晶テレビの最新モデルの中で、いま最も画質の評価が高い製品のひとつがビクターの新しいフラグシップとなる「905」シリーズだが、本モデルはその優れた画質と機能を継承したハイビジョン対応モデルである。画面サイズはパーソナルとしても使いやすい32V型。パネルはVA方式である。正面コントラストの良さを追求し、かつ手頃な価格帯を狙ったスタンダードモデルとして仕上げられている。

新映像エンジン“ジェネッサプレミアム”で作り上げた高画質回路の考えは本機にも踏襲されている。120Hz対応のハイビジョン倍速液晶ドライバーと解像度1,366×768ドットのハイビジョン対応パネルを組み合わせ、クラスを越えた良質な画質を提供しようという狙いである。映像モードはリビング用のテレビからシネマ、そして本格派シアター向けのシアタークール/ウォームなども用意する当たりに、その意気込みが表れている。リモコンに配置された「明暗ボタン」を押すだけで、簡単に画質設定ができるのも親切だが、その気配りは「お助けガイド」や「きき楽」機能、さらにHDMI端子を3系統備えた点などにも反映されている。なお、音質面では定評のあるMaxx Audioの搭載にも注目したい。

視聴はスポーツ系を「テレビ」、シネマ系を「シアターウォーム」の映像モードに設定して行った。その印象は、良質な画質を誇る上位モデル「905」シリーズを踏襲する優れたな画質であると言える。画素数はフルHDより少ないが、画面サイズにマッチした映像が楽しめる。シアターウォームの質感表現力は、このクラスの液晶テレビを超越したと言えるほどの出来映えの良さである。さらに動画ボケが少ないのも特筆される。相変わらずの音の良さにはも感心させられる。「きき楽」機能も非常に効果的である。

(text:村瀬孝也)
関連記事
関連URL

For any comments and questions, please E-mail to Phile-web staff
(C)Ongen Publising Co.,ltd. Phile-web上のあらゆるコンテンツの無断複製・転載を禁じます。
著作権についてはこちら  Phile-webのプライバシーポリシーについてはこちら