TH-46PZ800PANASONIC
TH-46PZ800 (VIERA)
¥OPEN(予想実売価格43万円前後)
発売:2008年4月20日

プラズマVIERA最上位「PZ800シリーズ」

【SPEC】●画面サイズ: 46V型 ●画素数:1,920×1,080 ●コントラスト比:30,000対1 ●受信チャンネル:地上/BS/110度CSデジタル×2、地上アナログ ●音声実用最大出力:総合36W(JEITA) ●入出力端子:HDMI×4、i.LINK×2、D4×2、S2映像入力×3、ビデオ入力×4、Sビデオ入力×2、音声入力×4、モニター出力×1、RGB入力端子(ミニD- Sub15Pin)×1、音声出力×1、光デジタル出力×1、Irシステム端子、LAN端子、ほか ●本体外形寸法(スタンドあり):1,181W×803H×387Dmm ●質量(スタンドあり):約43.0kg

この製品のご購入は以下のサイトからどうぞ
ビックカメラ
月間AVレビュー

※原則として製品発表時のデータを掲載していますので、内容・価格は変更されている場合があります。また、この製品データベースには生産・販売を休止したモデルの情報も含まれています。

受賞理由
毎年着実に進化を続けるビエラだが、ディスプレイを真に知る者は、みな今年のPZ800シリーズに衝撃を受けた。何しろ、画質の本質的な新しさで頭一つ抜けている。新構造層「ダイナミックブラックレイヤー」を新たにパネル上に形成、コントラストはPZ750の10,000対1から30,000対1に。42V型フルHDプラズマは未だにパナソニックだけだが、その鍵である細幅リブ技術を50Vと新たに加わった46V型パネルに応用、開口率を上げた。 さらに「広色域プラズマパネル」で、デジタルシネマに比肩する広大な色のパレットを掌中にした。PHLのノウハウから誕生した「カラー リマスター」技術が、絵画の修復作業のように、圧縮プロセスの中に隠れていた生のままの色を引き出す。色彩の純度とニュアンスの豊かさは凄い。目を射るばかりの鮮烈高画質。メジャーな「テレビ」の顔つきの中に凄い画質が隠れている。パナソニックの先進の技術力が評価されての特別金賞である。(大橋伸太郎)
関連記事
関連URL

For any comments and questions, please E-mail to Phile-web staff
(C)Ongen Publising Co.,ltd. Phile-web上のあらゆるコンテンツの無断複製・転載を禁じます。
著作権についてはこちら  Phile-webのプライバシーポリシーについてはこちら