ビジュアルグランプリ/ピュアオーディオグランプリ実施概要 デジタルカメラグランプリ実施概要 結果発表 過去のビジュアルグランプリ HOME Phile-web トップページへ
左側の画像
SC-T55SGDENON
SC-T55SG (55SGシリーズ)
¥46,200(税込)
発売:2008年3月上旬

CXシリーズの技術を搭載した5.1chスピーカー「55SG」シリーズ

価格は1本
ビジュアルグランプリ2008 SUMMER ≪銅賞≫受賞モデル

【SPEC】 ●形式:2ウェイ・3スピーカー、バスレフ型、防磁設計 ●ユニット:ウーファー→13cmコーン型×2 、トゥイーター→2.5cmソフトドーム型×1 ●入力インピーダンス:6Ω ●最大許容入力:200W(PEAK)、100W(JEITA) ●周波数帯域:30Hz〜60kHz ●クロスオーバー周波数:2kHz ●平均出力音圧レベル:87dB ●外形寸法:242W×982H×311Dmm ●質量:16.0 kg(1台) ●付属品:スピーカーケーブル(3m)

この製品のご購入は以下のサイトからどうぞ
ヨドバシカメラ
月間AVレビュー

※原則として製品発表時のデータを掲載していますので、内容・価格は変更されている場合があります。また、この製品データベースには生産・販売を休止したモデルの情報も含まれています。

テストレポート
ホームシアター、ピュアオーディオの両シーンに活用できる

ピュアオーディオ再生にも通用するトールボーイを核とした、新しい5.1chサラウンド対応のスピーカーシリーズだ。この55SGシリーズは、CXシリーズの系譜を受け継いでDDLコーンや天然の突き板仕上げなど、ヨーロッパのサウンドチューニングを施した入念な作り込みが光る。

今回は主役となるトールボーイのSC-T55SGを主に見ていこう。高さ98.2センチ。スマートなフロアスタンディグの2ウエイ3スピーカーだ。ウーファー2基は13センチ口径。グラスファイバー振動板を併せた2層式で、エッジの凹凸を逆むきにして歪みの打ち消しを計るデノン独自のPPDD方式だ。トゥイータは広帯域のソフトドーム。

振動解析にレーザーホログラムを、またネットワークはコンピューターシミュレーションも導入した最新設計で、クロスオーバーはシングルウーファーのSC- A55SG、センター用のSC-C55SGともども2kHzにて統一。これは音のつながりに留意したものであろう。サブウーファーは20センユニットを擁するパワードタイプのバスレフだ。

手持ちのCDから聞き始めた。ストレスがなく実にスムーズでクリアーな鳴り方だ。ボーカルが気持ちよく、清々しく響いてくることもそうだし、腰をしっかりと落とした管弦楽の厚みやジャズのドライブ感など、このクラスの5.1chセットとしては、異例の表現力と感心した。高さのある音場表現や、ちまちましないオープンな表情なども魅力である。

フロントメインがこの実力であれば、BDや放送ソースで気合いの入った5.1chサラウンドを楽しませるのは当然だ。「オペラ座の怪人」は全包囲でシームレス。空間に隙間がなくオルガンの重厚なSEとともに、俳優の口もとから発せられるセリフも生々しい。チャンネルの分離がよく、「ファンタスティックフォー」などのキレ味系映画は、目が覚めるようにシャープな移動感だ。音楽ソフトは熱気があり、会場の空気の漂いやライブ感を実感させた。ピュアな2ch から最新のHDオーディオまで余裕で楽しませる好スピーカーである。

(text:林正儀)
関連記事
関連URL

罫線 For any comments and questions, please E-mail to Phile-web staff
(C)Ongen Publising Co.,ltd. Phile-web上のあらゆるコンテンツの無断複製・転載を禁じます。
著作権についてはこちら Phile-webのプライバシーポリシーについてはこちら

Phile-web