メイン画像


3D対応のテレビやレコーダー・プレーヤーが出揃い、今や「3D」はブームを通り越し、AV機器のスタンダード機能になりつつあります。わずかな期間で一気に広がった「3D」の世界ですが、振り返ればその火付け役はパナソニックでした。パナソニックが他社に先駆け発売した家庭用フルハイビジョン3Dテレビは、家庭で高品位な3D映像を鑑賞できるという点で、白黒テレビがカラー化した時のように“半世紀に一度の転機”と言える程のインパクトを与え、それを実際に手の届く価格で実現したことは、社会的にもセンセーショナルな出来事でした。

しかしパナソニックの「3D」に対する功績は、単に優秀な3Dテレビやレコーダーといった“モノ”を発売し、ブームの火付け役となったことだけに止まりません。コンテンツ不足が懸念された「3D」の世界に、3D映像の撮影を可能にしたデジタルビデオカメラやデジタルカメラをいち早く投入し、3Dを「見る」「残す」ことに加え、「撮る」ことまでを実現。ユーザーが「3D」の世界をシームレスに楽しめる環境を、“コト”として提案した点が非常に画期的なのです。これは幅広いカテゴリーの製品を一貫して自社で手掛けるパナソニックだからこそ実現できた提案であり、機器をシームレスにつなぐことで使い勝手を高める「ビエラリンク」に早くから取り組み、力を入れ続けてきた同社だからこそ成し得たことだと言えるでしょう。

パナソニックが提案するこの「3Dリンク」は、「ビエラリンク」と同様、誰もが簡単に楽しむことができる点も見逃せないポイントです。機器の連携に難しい操作や設定の必要がなく、対応機器同士をケーブルでつなぐだけ、あるいはSDメモリーカードを入れるだけで、誰もが簡単に「3D」にまつわる「見る」「残す」「撮る」を満喫できるのです。これまでにない圧倒的な臨場感を持った「3D」だからこそ、一度体感すれば「臨場感溢れる3D映画を自宅で思う存分楽しみたい」「大切な思い出を3Dで残したい」といった様々な欲求が生まれます。この欲求の多くに応えてくれるのは現状ではパナソニックの「3Dリンク」だけ。次の一手に期待せずにはいられません。 (VGP審査員/鴻池賢三)


囲み1

囲み2

囲み3

Panasonicのウェブサイトはこちら


罫線
For any comments and questions, please E-mail to Phile-web staff
(C)Ongen Publising Co.,ltd. Phile-web上のあらゆるコンテンツの無断複製・転載を禁じます。
著作権についてはこちらPhile-webのプライバシーポリシーについてはこちら
ファイルウェブロゴ