VGP2013

VGP2013 page 17/36

電子ブックを開く

このページは VGP2013 の電子ブックに掲載されている17ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
17 VGP 2013大画面時代の画質と設置性を追求 テレビはより美しい映像、より大きな画面を求めて進化してきました。液晶テレビの登場により、ブラウン管テレビでは不可能だった50V型も、いまや当たり前の時代です。さ....

17 VGP 2013大画面時代の画質と設置性を追求 テレビはより美しい映像、より大きな画面を求めて進化してきました。液晶テレビの登場により、ブラウン管テレビでは不可能だった50V型も、いまや当たり前の時代です。さらなる液晶技術の進化は、より一層の大画面化も可能にしました。シャープは、80V型を筆頭に70V型、60V型、52V型、42V型のラインナップを擁するAQUOSの新しいフラグシップ「XL9シリーズ」を開発。超大画面時代にふさわしいテレビを誕生させました。 XL9シリーズが新しく提案するのが、画面への映り込みを徹底的に抑える「モスアイRパネル」の技術です。これは光を反射しにくい「蛾の目」の構造に倣ったもので、照明や外光が映り込みにくくなり、映像が見やすくなるものです。画面サイズが大きくなると、部屋にあるものがよりテレビに映り込みやすくなります。「モスアイRパネル」なら、視聴中に現実に引き戻されることもなく、作品への没入感が高まります。さらに吸い込まれるような黒色の表現力は特筆もの。明るい部屋でも黒は黒らしく表現でき、コントラスト比も確保できます。さらに設計上、映像光をストレートに出すため、シャープの4原色技術「クアトロン」が持つ色鮮やかさまでもが引き出されています。 一方で、サブウーファーを搭載した2.1chのスピーカーも改善されました。音抜けがよく、再生の難しい男性ボーカルやアナウンスも明瞭に聴こえます。放送番組も映画も聞き取りやすい音質です。 テレビの大画面化は自然な流れです。シャープ独自の液晶技術は省エネ能力も高く、家庭での80V型も現実のものにしました。そして今「モスアイRパネル」により、大画面が抱える画質面、設置面でのハードルも取り払われました。テレビ番組も映画も、スクリーンのような大画面で楽しめる時代がやってきたのです。超大画面時代の新AQUOSが登場!「VGP 2013 特別技術賞」を受賞した「XL9シリーズ」は、大画面ならではの悩みを解決した次世代のテレビです。いち早く視聴取材を行った鴻池氏がその魅力を解説します。※モスアイRは、大日本印刷株式会社の商標又は登録商標です。SHARPLC?80XL9¥OPENVGP2013「特別技術賞」受賞モデル80V型LC-80XL970V型LC-70XL9 52V型LC-52XL960V型LC-60XL9 46V型LC-46XL9取材・執筆鴻池賢三シャープの新技術「モスアイRパネル」とは?「モスアイRパネル」に採用された技術は、夜行性で目が反射によって光らない蛾の目の表面構造を応用したネイチャーテクノロジーです。表層は光の波長よりも微細なナノ(10億分の1m)レベルの突起を持ち、表面の屈折率が連続的に変化して反射界面がなくなる現象を応用して低反射を実現しています。わずかに映り込んだとしても映像に色つきがなく、自然な映像が維持できるのが特徴です。新スピーカーで音にもこだわる!「モスアイRパネル」の構造イメージ。微細な突起が光の反射を抑えていますトゥイーター、ミッドレンジをコンパクトに収めた本機のスピーカー部。また、サブウーファーも密閉構造で本体背面に内蔵本シリーズは、テレビ本体と完全に独立した密閉構造のスピーカーボックスを持っています。再生する音はクリアで、基本能力の高いスピーカーです。CHECK特別視聴シャープ「XL9」デビューCHECKナノ単位の微細突起〈パネル表面〉微細突起が無数にある蛾の目の構造を液晶パネル技術に応用し、低反射一般的な低反射パネルモスアイ?パネル化を実現。(当社比。写真はイメージです)