VGP2013

VGP2013 page 22/36

電子ブックを開く

このページは VGP2013 の電子ブックに掲載されている22ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
VGP 2013 22PIONEERSC?LX86¥330,000革新の“デジタルアンプ”がさらなる進化を遂げた!高効率、ハイパワーを実現する「SC-LX86」はアンプ機能をブラッシュアップし、さらにネットワークオーディオ機能も充実させた....

VGP 2013 22PIONEERSC?LX86¥330,000革新の“デジタルアンプ”がさらなる進化を遂げた!高効率、ハイパワーを実現する「SC-LX86」はアンプ機能をブラッシュアップし、さらにネットワークオーディオ機能も充実させたハイエンドAVアンプです。VGP2013 音響&ネットワーク大賞を受賞した本機の魅力をご紹介しましょう。際立ったアンプパワーを持ち家中の音楽を1台でカバーできる 現代のAVアンプに求められる最も重要なことは、ブルーレイディスクとネットワークオーディオに代表される史上最強の音源から真価を引き出すことです。この2つは映像と音楽各メディアの最高峰なので、情報量、音圧感、音色など様々な要素で再生機器の力量が問われます。ですが、数あるAVアンプのなかでその要求すべてに応えられる製品は意外に少ないのです。パイオニアの「SC-LX86」はその資質を完備する数少ないAVアンプのひとつで、アンプの基本性能であるパワーのゆとりも際立っています。全チャンネル駆動時でもエネルギーが飽和せず、最弱音から最強音まで密度を失わないのは、世代を重ねた「ダイレクトエナジーHDアンプ」の威力で、9チャンネルで計810Wという驚異的な同時出力のパワーは本機を選ぶ大きな理由になります。そんな大出力を出すことはないと思うかもしれませんが、映画でも音楽でも瞬間的には信じられないほどのエネルギーを爆発させることがあり、その瞬間を破綻させずに表現できるかどうかで、全体の印象は大きく変わってしまいます。また、ネットワークオーディオは、いまやリビングとパーソナルの両方で重要な音源ですが、AVアンプを導入すれば、それらの音源をいい音で楽しむ環境が一気に手に入ります。ネットワーク再生(NAS)、USBメモリー、iOS端末のデジタル接続、AirPlay、インターネットラジオを1台ですべてカバーする本機は、そこでも威力を発揮するのです。(山之内)デジタルアンプのラインアップホームシアターサウンド製品 AVアンプ(30万円以上)CDの3倍以上の情報量をもつ超高音質のハイレゾ音源の再生に対応しており(最大192kHz/24bit)、USBメモリー再生時には、DSD信号も再生することができます。DSD再生に対応したAVアンプは希少な存在で、ネットワークオーディオの専用プレーヤーでも対応している例はまだ少ないです。選曲や基本操作には多機能な「iControlAV2012」を活用しましょう。AVアンプの操作をカンタンにしてくれるアプリ「iControlAV2012」にも対応しています。ネットワークオーディオの再生や音場機能の設定などの様々な操作を快適におこなえますDirect Power FET構造図ダイレクト エナジー HDアンプDirect Power FET配置部分SC?LX76¥245,000兄機LX86に肉薄するアンプパワーを誇るミドルクラス?SC?LX56¥175,000クラスを超えたハイパワー9chアンプを搭載する人気モデル?SoundNetwork半導体チップを基板に直づけする「ダイレクトパワーFET」を採用することで、効率がよく発熱の少ないデジタルアンプの性能をフルに発揮させ、サラウンド再生の全チャンネル同時駆動時にも安定したパワーを取り出すことができます。アナログアンプのような巨大なヒートシンクが不要なので、筐体設計に余裕が生まれる点も音質に有利にはたらきます。デジタルアンプでハイパワー!話題のハイレゾも幅広い対応!山之内氏に聞くパイオニアAVアンプのココがすごい!