VGP2013

VGP2013 page 24/36

電子ブックを開く

このページは VGP2013 の電子ブックに掲載されている24ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
豪華賞品が当たるお楽しみアンケート実施中。いますぐアクセス! VGP 2013 24CheckCheckディスプレイ製品 薄型テレビ(50型以上60型未満)ディスプレイ製品 薄型テレビ(30型以上35型未満)?受賞製品のなかから注....

豪華賞品が当たるお楽しみアンケート実施中。いますぐアクセス! VGP 2013 24CheckCheckディスプレイ製品 薄型テレビ(50型以上60型未満)ディスプレイ製品 薄型テレビ(30型以上35型未満)?受賞製品のなかから注目モデルを厳選レビューTOSHIBA55Z7¥OPEN <投票No.003>TOSHIBA32J7¥OPEN <投票No.004>テレビをとことん楽しむ機能が満載 本製品は、さまざまな提案が込められた新しいテレビです。まずはデザイン。アルミやガラスをふんだんに使った外観は質感が高く、ヤコブ・イェンセンが監修した造形美がリビングに華を添えてくれるでしょう。機能面では、地デジ最大6チャンネル同時録画機能「タイムシフトマシン」を外付けHDDで実現したことがポイントです。膨大な録画番組の中から、探す手間なくあなたに合った番組やシーンをおすすめしてくれる「ざんまいプレイ」との相乗効果で、見逃しの防止だけでなく、新たな番組と出会うチャンスも増えます。さらに、クラウドサービスに対応し、キーワードに合致したシーンの検索も可能にするなど、録画番組を見る際の使い勝手を高めています。加えて、映り込みが少なく疲れにくい高画質、明瞭な音質なども評価されました。テレビをただ見る道具から、忙しい現代人に寄り添い、日々の生活を豊かにしてくれるエンターテインメントマシンとして進化させ、具現化した功績を高く評価し、総合金賞が授与されました。(鴻池)緻密な画質と先進機能を兼備 レグザのハイエンドモデルの中で、最もシンプルかつスタイリッシュなデザインを纏ったJ7シリーズ。その画質はハイエンドモデルに相応しく、緻密で精細感に富み、整った階調表現は小気味よくすらあります。色情報までも高精度に復元する独自の超解像技術「レゾリューションプラス7」の採用により、濃い色の部分が潰れたり、質感が損なわれるようなこともありません。65v型を筆頭に50v型、40v型、32v型をラインアップしますが、この画質傾向は大画面になればなるほど際立ちます。一方機能面では、上位機Z7シリーズに搭載された「タイムシフトマシン機能」や「ざんまいプレイ」などは省かれていますが、地デジ番組を最大で約720時間(2TBのHDD使用時)も録画できる、バッファロー製長時間録画対応USB HDDへの対応や、ネット接続によりクラウド情報を活用し、録りためた番組の中から特定のキーワードに関連したシーンをダイレクト再生できる「みどころシーン再生」など、多彩な機能を備えます。(大橋)レグザの賢さは録画機能だけではありません。映像調整も自動で行ってくれる機能が搭載されています。テレビが視聴環境と映像信号を常に検知し、さらにテレビの背景の壁紙の色をカラーパレットから選ぶことで、2Dも3Dもより部屋にあった映像に調整してくれます。テレビ番組をまるごと録画する「タイムシフトマシン」機能こそ搭載されていませんが、キーワードを選ぶだけで自分好みの番組を自動録画する「おまかせ録画」など、便利な録画機能は満載です。さらに、インターネットを接続すれば、クラウド情報を使ったみどころのシーンをピックアップすることもできます。Pick UPKonoike’s EyeOhashi’s Eye